時間制限はあっても休憩は必要

Pocket
GREE にシェア

あなたが風俗店へ行って30分のコースを選びました。

30分という制限時間があるわけですから、その時間いっぱいを楽しみたい。

そう考えるのはごく自然な事ですが、30分間ダッシュはできませんよね。
セックスはよくスポーツに例えられますが風俗もそうだと思うのです。

どれだけ体力のある人でも30分間本気でダッシュしろ・・・・と言われたら体力が持ちませんよね。100メートルのダッシュを本気でしたら、その後流すようにジョギングをして体力の回復を待ち、回復したらもう1本となるわけです。

100メートルのダッシュとどちらが体力を消耗するのか分かりませんが、男性が勃起し射精に至るまでの過程も体力は消耗されます。
30分の間に5回も6回も射精をするのは不可能です。しかしながらお金を払った分のもとを取りたいという気持ちから何度も射精をした方が得だと考えてしまうのです。

ですが無理に何度も射精をしたところで気持ちよくありませんし、体力の消耗も激しくなってしまいます。
それなら2回に集中し、そしてそこに至るまでの過程を楽しみながら射精をした方がよほど料金に見合ったサービスを受けていると思いませんか?

質より量なんて言葉もありますが、現実的には量より質の方が重視されるケースはいくらでもあるのです。

Pocket
GREE にシェア